事業内容

サンライズ・ネットワークスは、
健康長寿社会の実現を目指すアジア地域の懸け橋となり、
【看護・介護留学生支援事業】【介護技能実習生監理事業】を展開しています。

超高齢社会の到来により、医療介護体制のあらゆる面で変革期を迎えているなか、
高齢化の共通課題をもつアジア諸国との支援協力体制を構築し、
技術移転や人材教育を通じたアジアの社会・経済の発展に寄与するとともに、
深刻化する医療介護現場の人材不足解消に貢献いたします。

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度とは、日本の企業において発展途上国の若者を技能実習生として受け入れ、実務を通じて実践的な技術や技能・知識を学び、帰国後母国の経済発展に役立ててもらうことを目的とした公的制度です。
2017年11月の外国人技能実習制度適正化法の施行により介護技能実習生の受け入れが可能になりました。

介護技能実習生監理事業の概要

サンライズ・ネットワークス

  • 実習生を選ぶ際の補助
  • 入国に必要な書類の作成
  • 入管とのやりとり
  • 入国後講習(原則2ヶ月)の実施
  • 制度にもとづき運営されているか、指導監理の実施

送出し機関

  • 実習候補生を選出
  • 日本語教育の実施
    (日本語能力N3相当)
  • サンライズ・ネットワークスは技能実習生監理団体として、介護現場での外国人技能実習生の受け入れを支援し監理します。
  • 外国人技能実習生が日本の進んだ介護の技能知識を実践的かつ実務的に習得し、帰国後に習得した技能知識を母国の社会・経済の発展に貢献できるように支援いたします。
  • 介護技能実習生の受け入れをご希望の法人様は、当法人にご入会をお願いします。まずは、お気軽にお問い合わせください。
  • 外国人技能実習生と実習実施者(医療介護事業法人)が雇用契約を結び、実習実施施設が技術・技能を実践的かつ実務的に習得する場になり、日本の進んだ介護技術を移転する事が可能になります。
  • 当初の技能実習期間は1年間(技能実習1号)で、その成果として技能評価試験(基礎級)、およびN3相当の日本語検定試験に合格した場合、更に2年間(技能実習2号)の技能実習を行うことができます。
  • 4年目以降は、実習生は一旦帰国後、所定の技能試験に合格し、監理団体および実習実施者である受け入れ法人において、一定の要件が認められれば更に2年間技能実習を行うことができます。

入国後(最長5年間)の技能実習の流れ

介護技能実習生受け入れのメリット

人材の安定的確保

今後ますます必要とされる介護人材の慢性的な不足や低い定着率に対し、安定的・計画的に人材を確保することができます。

職場の活性化

外国人という新たな人材が加わることにより、職場全体のモチベーション向上や活性化が期待できます。

若い人材の確保

実習生は限られた期間に技術や技能を身に着けようとモチベーション高く、非常にまじめに仕事に取り組みます。職員の高齢化が進んだ現場においては、若く意欲のある実習生を受け入れることによる生産性の向上が期待できます。

業務改善の契機

異国の文化慣習を持つ実習生に対する実践的指導のなかで、業務の振り返りを通じ、普段気付かなかった課題や発想に触れ、一層の業務改善につながることが期待できます。

企業の国際化

実習生の受け入れは、重要な国際貢献のひとつです。国際的企業としてイメージアップを図るとともに、将来の海外展開の人員確保や、外国人雇用のノウハウ蓄積が期待できます。